メソセラピーで安全らくらくダイエット!

メソセラピー注射はどんな成分でできているの?

脂肪溶解注射メソセラピーのダイエット効果について

メソセラピーは医療でも使用されている安全なダイエット法

メソセラピー注射はどんな成分でできているの?

脂肪を溶解するメソセラピーですが、注射をする薬剤の成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

メソセラピーで注入する薬剤の一つにフォスファチヂルコリンという薬剤があります。これは別名レシチンともいわれ大豆由来の成分です。この薬剤は古くから脂肪肝や高脂血症といった脂肪が原因の病気の治療に使われており、脂肪細胞の中にあるトリグリセリドという中性脂肪を、遊離脂肪酸に分解し血液中に送り出します。

遊離脂肪酸は肝細胞に取り込まれると代謝されエネルギーとなりますが、血中に留まったままだとやがて再び結合し中性脂肪に戻ってしまいます。そこで分解されて遊離脂肪酸になった脂肪を燃焼させる働きをもつL-カルニチンという薬剤も一緒に注入することで、脂肪酸を燃焼させて溶解した脂肪を取り除いてしまうのです。

メソセラピーに使われている薬剤はこの他にもセルライトの周りにある組織を破壊して解消する働きのあるヒラルロダーニや、痛みを和らげるリドカリンなどがあり、施術者の状態を見て注入していきます。

ではこれらの成分は本当に副作用などないものなのでしょうか?メソセラピーに使われる薬剤はすべて天然由来か人間の体に必要な栄養素から作られています。そして外国は目にする顔 メソセラピーによる副作用というのは、個人が間違った注入の仕方をしたことによって起こる事故が大半です。日本の場合は個人使用への規制が厳しくプロのドクターが施術し、個人に合った薬剤や量をしっかりと守って注射してもらえるので安全です。