メソセラピーで安全らくらくダイエット!

お肌に傷痕を残す手術はしたくない!という方

脂肪溶解注射メソセラピーのダイエット効果について

メソセラピーは医療でも使用されている安全なダイエット法

お肌に傷痕を残す手術はしたくない!という方

お仕事の関係やファッションを楽しみたいので、極力お肌に傷痕が残るような痩身術はしたくないけれども、部分痩せの施術は受けてみたい!という方にもメソセラピーはおすすめです。

メソセラピーの施術は、皮下に薬液を届けるために極細の注射針を使用して行われるので、施術直後~10日程度は腫れがあったり内出血や注射痕がつきますが、その後は手術と違い傷痕を残しません。傷痕が残らないから顔の脂肪を溶解してほっそりとした小顔に見せることができます。
もちろん注射のみの施術なので、メイクは施術当日からOKとしているクリニックも多いので腫れたり内出血が起こっている部分はメイクで隠すこともできます。

腹部や二の腕の脂肪を溶解する場合も、同様に腫れたり内出血が起こったりするのを考えると施術の時期は長袖や重ね着で施術後の状態を隠せる秋~冬場に行うのがベストです。メソセラピーは1回に打てる薬液の量が少ないため、脂肪溶解の効果をはっきり出すには数回に分けて1週間~2週間に一回薬液を注入する必要があるので、秋~冬の間に施術しておくと露出が高くなる夏~春にかけて一番効果を発揮してスリムになれるという点でもおすすめです。

メソセラピー注射する時の痛みが苦手という方には局部麻酔をしてから施術してもらえるクリニックもあるので、カウンセリング時に相談してみるとよいでしょう。
麻酔は注射は使わずクリームなど皮膚に塗布するタイプのものを使用しているクリニックが多いので、麻酔を使ったとしても痕も残さずに施術できます。