メソセラピーで安全らくらくダイエット!

医療でも使われているメソセラピー

脂肪溶解注射メソセラピーのダイエット効果について

メソセラピーは医療でも使用されている安全なダイエット法

医療でも使われているメソセラピー

美容外科や整形外科などのクリニックにはダイエット用の施術としてメソセラピー(脂肪溶解注射)というメニューがあります。
これは脂肪が気になる場所に脂肪溶解注射を打ち脂肪を溶かしてから除去するという方法で、手術を伴わないため入院する必要もなく副作用もないのが特徴です。

このメソセラピーはもともとフランスやスペインなど地中海地方の国で疼痛治療のために医療で使われていたのが始まりで100年近い歴史を持っている治療法なのです。真皮の直下の部分に薬液を注射すると薬剤が長くとどまり疼痛の症状を長く抑えらえれるという治療のために開発されたのが始まりなのです。
そこからヨーロッパや南米に広がっていき、今では美容の分野の施術でも使われるようになりました。

美容の分野でメソセラピーの技術が使われだしたころは、主に美肌注射の施術が目的だったのですが、そのうち皮膚のあらゆる層に打てる薬剤が開発され、皮膚の真皮の直下に注射するとセルライトの解消に効果があるということを発見され、そこから脂肪溶解に効果のある薬剤を皮下に注射することにより脂肪を減らして自然に痩せたのと変わらないほど脂肪が落とせる技術が生まれました。

メソセラピーはよく脂肪吸引などと比較されたり、副作用があると誤解されがちですが、日本ではメソセラピーは医療行為に当たるので美容外科などのクリニックでのみ施術ができることになっており、ドクターの手で安全な薬剤のみを使用して施術してもらえるので副作用もないし安全です。メソセラピー 失敗がないよう下調べをしっかりしてから施術を受けましょう。